トップページ > 既卒就職のテクニック > 就職で役立つ資格の取得について > 「資格」のトリセツ ~資格の扱い方、活かし方~

就職テクニック

「資格」のトリセツ ~資格の扱い方、活かし方~


資格取得を推奨する学校・企業が増える中、既卒者の資格への関心は以前にも増して高まっています。「資格はどれだけプラス評価になるのか」「どんな資格が自分に合っているのか」「資格を持っていないと本当に不利なのか」といった疑問を解消するために、資格について一緒に考えてみましょう。

資格にはどんな種類があるのか?

ひとくちに資格と言っても社会的認知度はさまざま。「その資格がないと業務が遂行できないものから、「資格自体の希少価値や特別感はあまりないものまでいろいろありますので、まずは資格の種類についておさえておきましょう。

● 独占業務資格

その資格がないと業務ができないという、法律で規定された国家資格。
公認会計士、税理士、司法書士、行政書士、弁護士、弁理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、社会保険労務士、建築士、医師、看護師、薬剤師などがそれにあたります。合格が非常に困難なため取得後の評価が高く、採用でもかなり有利になります。また、資格を活かした独立を視野に入れることも可能になります。

● 名称独占資格

資格がなくてもその業務を行うことはできるのですが、資格取得者でないとその肩書きを名乗ることはできません。
中小企業診断士、社会福祉士、介護福祉士、マンション管理士、技能士、保健師、保育士、栄養士、管理栄養士などがそれにあたります。目指す業界によっては資格保持者が優遇されることもありますので、応募条件を何社か見比べてみましょう。

● 必置資格

ある事業を行う際に必ず置かなくてはならないと規定された資格。
旅行会社では旅行業務取扱管理者、宅地建物取引業者では宅地建物取引主任者(宅建)、製薬メーカーでは薬剤師がそれにあたります。
社内で資格取得が奨励されたり、資格手当がつく場合もあることからわかるように、応募先に関連した資格であれば採用段階で有利になることがあります。

● 認定資格

それぞれの団体が試験など独自の審査基準で与える資格であり、難易度もさまざま。一定の知識・能力が認知されている資格から、社会的評価があまりないものまであり、内容も語学や簿記、パソコンなど多数。ただし「持っている」だけではアピールになりにくいので、いかに自分の長所と結びつけられるかがポイント。例えば、事務希望者がパソコン資格を取ることで「正確で迅速な事務処理能力を具体的に語ることができたら、それは就活での強い武器になります。

文章:高橋紀子

就職テクニック

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト