トップページ > 既卒就職のテクニック >  自己分析のポイント > 既卒就職の自己PRを考える

就職テクニック

既卒就職の自己PRを考える

自己PRを考える 

既卒に限らず、フリーターでも第二新卒でも就職活動で誰もが一度は立ち止まるのが、
自己PRについてではないでしょうか?
自分のアピールポイントが見つからず困る人も少なくないはず。 
 
「どうすれば上手な自己PRが出来ますか?」
「自分のマイナス部分をどうすれば上手く面接で言えますか?」
といった質問もいただきます。
 
これから、何回かに分けて自己PRのツボを考えます。 
  
▼自己PR探しの基本は自己分析
 

面接は自分という商品を売る営業に似ていす。
お客様に(企業)に商品(自分)を買ってもらう...という意味では、面接も営業も大きな差はありません。
 
さて、商品を売る際に何が大事だと思いますか?
 
 ...話すのが上手、営業力がある、なんてのもあるかもしれませんが、一番は「自分という商品を理解する」ということが大切になります。
 
当たり前の話なんですが、これがあなどれないし、
上手く出来ていなくて損をしている人が多いです。
 
実は就職以外でも、社会に出てもちょこちょこと出てくるのが特徴。
 ・社会人になってプレゼンする時
 ・新規事業を始める時
 ・個人事業を始める時
 ・飲食店をオープンする時
など、新しく何かを始める時、「では、自分(商品)を棚卸ししよう!」
という機会は驚くほど出てきます。
 
自己PRもその一つ。
 
スタートは原点の自分を分析するところから始めます。
 
  
▼ 自分から体を動かしてみよう
 


さて、この自己分析ですが、本屋に行くとたくさんの自己分析関係の本が置いています。面倒に感じるかもしれませんが、本での自己分析も重要な要素です。地道にやるしかありません。

ただ、本だけの自己分析で終わってしまうと、自己分析が中途半端な状態になってしまいます。
 
ある程度、自分の考えがまとまったら
場数を踏み、体を動かすことも大切です。
 
つまり、「人に会って話を聞くこと」。これが原点です。
 
面接官でもいいし、ハローワークでも良いし、友人でも、親でも
誰でもいいから話してみる。そして、聞いてみる。
自分という商品を使った事がある人、パッと手に取った人の感想を聞くことです。

動いていくと、全く想像もしなかったことを言われたり、
すごく自分の事を分かってくれる人もいたり。
 
やがて言葉にも重みや深みも出てきて自分だけの「ブランド」が見えてきます。
 
1.まずは自己分析に取り組む
2.いろいろな人と話をして動いてみる。
今後の自分をプレゼンしていく戦略を練る上で、大切な第一歩です。

就職テクニック

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト