就職テクニック

ひと味ちがうお礼状とは?

受かるお礼状、落ちるお礼状の違い
 
就職活動の選考において、相手に対して丁寧に対応しているはずなのに、なぜか相手に距離を感じさせることになったり、マイナスの印象になったりすることがあります。
 
例えば、面接後に書くお礼状がその一つです。
 
以前、私もお礼状で損をしてマイナス評価になった場面に立ち会ったことがありました。普通、お礼状をもらってもマイナスのものではないですよね。ここには就職活動をしている側と、採用する側の考え方の違いがある気がします。
 
現在は、面接に合格するワンポイントのテクニックとしてお礼状は一般的になってきました。一部の本やマニュアルではお礼状の送付を奨励しているものもあります。
確かに、面接後の予期せぬお礼状は、担当者としては嬉しい限り。採用の合否に直接は影響しなかったとしても好印象になるケースが多いです。
 
一方で、「お礼状を送る」ということがマニュアル化しているケースも増えてきました。私自身、日をずらしてですが、別の人からほぼ同じ内容の文章をいただいて驚いたことあります。
本来、お礼状を送る事はマイナスではありません。
しかし、それは「お礼」の意味合いがあるメールに限ってのことです。しかし、それが形式的になってしまったり、面接に受かりたいという下心を感じてしまうと、本来魅力的なものが色あせてしまうこともあります。
 
 貰う側の取り方次第ですが、ここに微妙な温度差があります。


どういったケースがマイナスになる?
 
先ほど、お礼状でマイナスになったケースも理由を聞くと「お礼状の中に不純なものを感じた」とのこと。ちょっと、厳しいジャッジだな...と思いつつも納得感もありました。下心まで感じることはないですし、それも仕方ないなと思いますが、頂いたお礼状がマニュアル通りで「形式的だな」と思うことはあります。
 
解決としては、一言でいいので、自分のその時の感情を入れてみることです。「○○の言葉は嬉しかったです」「○○な時間は○○な部分が面白かったです」など。
 
ある企業の社長がこんなことを言っていました。
「手紙っていうのは、『相手の顔を思い出しながら書く』から意味がある。ハガキや切手にも気を使って『相手が貰って嬉しい手紙』を送らないとただの作業になってしまう」
 
初めてメールやお礼状を送るときは大変緊張すると思いますし、失礼がないか気になってしまい、のびのび書くことは難しいと思います。けれども、大切なのは感謝の気持ちを伝えること。あまり、形式にこだわり過ぎる必要はありません。
 
自分の気持ちや感じたこと相手の顔を思い浮かべながらを一言添えてみてください。 
ちょっと一味違うお礼状ができるはずですよ。

就職テクニック

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト