トップページ > 既卒就職のテクニック > ビジネスマナーを攻略する! > アポイントの時間に遅れそう! という時には?

就職テクニック

アポイントの時間に遅れそう! という時には?

アポイントの時間に遅れそう!
そんなときのワンポイントテクニック 

 
今回のテーマは「遅刻」についてです。
本来であれば一番避けたいことですが、それでも思わぬ出来事がきっかけでアポイントの時間に遅れそうになることが時々あります。

同じ日に面接が重なり、前の選考が伸びてしまった場合。電車が混んだり事故があったりするとダイヤが乱れたりもします。午前中のアポの場合、うっかり寝坊してしまうこともあるかもしれません。
もし、それで面接の時に遅刻しそうになったときはどうしますか?

例えば、こんな場面です。

その日の面接の予定は午後3:00から。
余裕を持って出発しましたが、ダイヤの乱れで到着15分が遅れてしまいました。駅に着いたときは午後2:50分。駅から会社までは地図を見ると徒歩10分と書いてあります。走れば何とか間に合いそうですが......。さて、どうしますか?

ここはゴールまで全力ダッシュ!と言いたい所ですがそれを押さえてまずは大きく深呼吸。

もし、ダッシュしたら間に合う場合でも、初めての会社に訪問する際など、不安要素がある場合は、相手に一本電話をしましょう。遅刻することも本来よくないことですが、何も連絡が無く遅刻するのが一番よくないです。


到着時間は余裕をもって伝える

さて、遅刻しそうになると、分かっていても焦ります。
そのせいか、相手に連絡した際にも到着時間を出来るだけ早めに伝えてしまいがちです。
ここがポイントですが、到着時間は余裕を持って相手に伝えましょう。

5分遅れそうなら10分。15分遅れそうなら20分。

走って早めに着くぐらいの方が相手にも気持ちが伝わります。
基本は友人との待ち合わせやデートと同じ。早めに着くのが基本です。

就職テクニック

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト