就職テクニック

多角的に情報を見る

第三者の話を聞いて多角的に考える
 
既卒・第二新卒の就職活動で一番怖いのは、情報を共有することが出来ず、自分ひとりだけで就職活動を進めていく状態になることです。
 
例えば会社選びの際に、会社をチェックする部分について本で調べて自分なりのチェックリストを作るよりも、実際に働いている人に「働いたからこそわかること」について教えてもらったほうが、より具体的な会社選びができます。
実際に、新卒の方が就職する際に重視する条件と、社会人経験がある人が転職する際に重視する条件には違いがあります。
 
自己分析も、自分だけで分析した段階では情報の整理は言えません。(ジョハリの窓
 
周りの意見や評価を知ることで、違う視点から自分を知り、深みのある自己分析ができます。
 
これは企業研究や自己分析だけでなく、企業の情報収集やビジネスマナーなども同様です。
 
自分では出来ていると思っていても意外なところに盲点があったり、自分がやりたいと思っていた仕事が予想外の業種から出てきたり。自分ひとりでは知識的にも限界があります。だからこそ、周りの意見を聞くことによって、広い視野で情報を掘り下げることができます。
 
何より、就職活動の煮詰まりを和らげることができるのもメリットのひとつかもしれません。

就職テクニック

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト