トップページ > 既卒就職のテクニック >  履歴書の書き方 > 履歴書作成の基本(後編)

就職テクニック

履歴書作成の基本(後編)



履歴書トップ-24㎝.jpg

rirekiee.gif
卒業後の経緯を分かりやすく記載する。
  
・経歴は事実を書くようにする。(偽ると、場合によっては解雇の理由になります。)
・最後に右寄りに「以上」と記入します。
・派遣社員や契約社員、アルバイトなどの履歴を記載してもOK。
・新卒採用に混ざって選考を受ける場合には、職歴を記載すると逆にマイナスになることも。

rirekiff.gif
持っている資格はしっかりと記載する。 
 
・持っている資格でアピールできるものがあれば志望職種に関わらず、出来るだけ記載するようにする。
・ただし、一部の資格に関してはマイナス印象に働くこともゼロでは無いので気になる場合は確認を



rirekigg.gif
自分がアピールしやすい履歴書を探しましょう
 
・履歴書の形式は種類があります。自分に合った履歴書を購入しましょう。
・特技や趣味だけで合否を判断することはほとんどありませんが、面接になった際には話題を広げるチャンスにもなるので、アピールできることは書いていきましょう。あまり細かく書き過ぎないように。

・スペースがある場合は少し詳細を記入しても良いかもしれません。
 例) 読書...月に10冊程度は必ず読みます。
    剣道...中学生の時から続けています。


rireki H.gif勤務地・希望職種などを記載する

・特に無理に記載をする必要はない。
・希望職種・希望勤務地などを記載しておくと丁寧です。
・人によっては補足で伝えて起きた情報を記載します。
・現職中であれば連絡が付きやすい時間も記載しましょう。
・最後に、作成した履歴書のコピーを取り、最後の見直しをしましょう!


就職テクニック

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト