トップページ > 既卒求人の探し方 > 既卒者向けの行政サービスを活用するためのポイント

既卒求人の探し方

既卒者向けの行政サービスを活用するためのポイント

今回は行政サービスを使った就職活動のポイントについてです。

行政サービスというと分かりにくいかもしれません。特徴は、いろんな方が就職出来るように、さまざまな就職支援に力を入れていることです。

今回は行政サービスを使った就職活動のポイントについてです。

行政サービスというと分かりにくいかもしれません。特徴は、いろんな方が就職出来るように、さまざまな就職支援に力を入れていることです。

例えば、以下のようなサービスです
・スキルや資格が無い...半年間のスキルを身につけられる研修プログラムや実際に職場体験プログラムを提供
・面接をしてもらえない...企業の求職者が直接あって話しをできる場を提供
・ブランクが長い...実際に職場での体験型の研修を通して、就職を支援
といった形です。

実際には、行政が運用するサービスはハローワーク以外にも多くあります。そしてみなさんの様々なニーズに応えてくれます。無料で利用できるサービスが多いのも魅力です。中には給与をもらいながらのスキルを身につけるような支援をしてもらえるケースもあります。ブランクが長い、アピール出来るスキルが無いなど、就職活動を進める上で何らかの事情がある場合には活用することで就職活動を効率よく進める事ができます。

一方で、デメリットもあります。
地域ごとに支援内容が異なる事、また、年度ごとに提供しているサービスが異なることです。予算が確定する4月時期は前後にサービスを終了する事もあり、タイミングが重要です。また、自分でどんなプログラムを受けられるか調べる必要があります。

調べ方のポイントは、
「◯◯市」「就職支援」などで検索する事です。
そうすると、各都道府県の支援メニューがみつかることが多いです。

例えば、私の場合大阪府に住んでいるので、「大阪府 就職支援 」と検索します。
そうすると、下記のようなリンクが出てきますのでクリックすると詳しい情報を見る事ができます。
"大阪府/就労と就職に役立つ情報一覧"
"大阪府/就職困難者就労支援事業"

上手く活用すると、あなたが就職活動する上で弱点だと思っている部分を穴埋めしてくれる事もあります。
よければ一度調べてみてください。

あなたの就職活動が上手くいきますように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ogasawara.jpg
★小笠原由晃(おがさわら よしあき) キャリアアドバイザー/コーディネーター

新卒者や既卒者向けの就職支援を実施。
北海道から九州まで全国で年間200回以上の就職ガイダンスを行っている。
数千人の未内定者の面談を元に、既卒者向け就職情報サイト「既卒ナビ」を作成。
自己分析から面接までトータルサポートを通して多くの方の就職活動を成功させている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既卒求人の探し方

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト