トップページ > 就職活動の進め方 > STEP⑤面接を受けてみよう

就活の進め方

STEP⑤面接を受けてみよう

書類が通ったらいよいよ面接対策。新卒の就職活動と違い、ブランクや経緯の説明も必要になります。突っ込まれやすい部分の切り抜け方、上手な自己PRや基本的な質問に対する答え方などを考えていきます。

既卒者向けの面接対策
 
 書類選考が通過すると、いよいよ面接です。既卒の就職活動攻略の山場のひとつです。
 
 新卒の就職活動との大きな違いは自己PRだけでなく「なぜ、既卒なのか?」「今まで何をしていたのか?」などブランク部分を問われる質問が多いことです。事前にしっかりと準備して臨みましょう。質問に対してウソをついてごまかしたり、「ただ何となく...」といった回答ではなかなか企業の同意を得ることが出来ません。
 
 こうした質問に対しては、相手に突っ込まれるより先に堂々と事実を答えるのが一つの方法です。その後、反省点や気付き伝えることで印象を良くする事が出来ます。答える内容も重要ですが、話し方も心象に影響します。笑顔で答えるなど、前向きな姿勢で答えると上手くいくケースが多いと思います。

 
面接官が見ている部分は新卒と大差がない
 
 既卒者の面接は、新卒の採用と重視している点は大差ありません。
 中途採用の場合、最低限の社会人としてのマナーなど見るケースがありますが、既卒・新卒の場合は、基本的にはポテンシャル採用なので、熱意やコミュニケーション力などが見られています。また、ここ数年は「精神力」「忍耐力」といった環境に対するストレス耐性にも焦点があたっています。

 有利になる資格や経験という話がよく出ますが、基本的にはそうしたスキルを就職活動中に身につけるのもひとつの方法です。ただ、スキルだけで面接に有利になることは、それほど多くありません。当たり前の話になってしまいますが、仕事への熱意や意欲(話し方や雰囲気)が大きな要素になっています。

就活の進め方

読んで効く就職活動の特効薬 既卒ナビメルマガ
体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ 体験談・コラム 体験談(9)新聞記者志望からキャリアカウンセラーへ

一緒に働く人の楽しさや仕事の仕方を盗みながら、実績を出して行きたいなと思っています。

一覧へ
既卒就職掲示板 いろいろ情報交換しよう 完全個別サポートの「既卒就職講座」 読めば就職率UP おススメBOOK おススメ求人サイト