トップページ > 体験談・コラム > 体験談(5)教員志望からの就職

体験談・コラム

体験談(5)教員志望からの就職

体験談(5)教員志望からの就職

■名前:きりん

■出身地:長崎県

■現在の仕事/スポーツジムでの受付
■生年月日/1989年生まれ
■卒業年度/2012年大学卒業(体育学部学部)
■趣味:寝ること(笑)・読書・スポーツ

学生時代の過ごし方と既卒者になった経緯

 大学時代は教員を目指していた。教員になる事しか考えていなかったので、就活は行わなかった。今考えると、「教員を目指しているから」ということで就活から逃げていたのだと思う。周囲も教員一本の人ばかりだったので、就活の仕方も情報もわからなかった。今更就活しても間に合わないと思っていた。

 試験では不合格だった。卒業するまで教員の臨時採用の声がかかるのを待っていたが、縁がなかった。卒業後実家に戻り、地元で就職するか、また東京に行って就活するか...いろいろ考える。考えた結果、地元のハローワークは既卒者に対してのフォロー体制が整っていないと感じたので東京へ行って就活することに決める。(なぜ福岡ではないかというと、都会だが全くわからない土地へ行って就活するより、大学時代を過ごした東京の方が行動しやすいし、ストレスもかからないのではと感じたため)

 東京の知人宅に居候し、就活を始める。(5月上旬)とりあえず地元で説明会の予約だけはしていたので、会社説明会へ行きまくる。リクルートが行っていた「ホンキの就職」セミナーも予約していたので4日間行った。このセミナーで同じ既卒者と出会い、就活は一人でやるより、仲間を作ってやった方がいい!!!!と感じた。仲間ができることによって相談もできるし、切磋琢磨できた。

進路選択で悩んだ事、困った事
 最初は、今からやって仕事なんて見つかるわけない...くらい不安だった。しかし、仲間を見つけてからは頑張れた気がする。

就職活動の進め方

 リクナビ・マイナビだけでなく、はたらいくやとらばーゆなども使った。リクナビやマイナビは会社の数が多く、自分がやりたい仕事が明確でなかった私にとっては、載っている会社が大体全部見ることができる、はたらいくの方がよかった。そうやって、会社を見つけて応募し、履歴書の添削、面接練習、相談などを新卒ハローワークで行った。新卒ハローワークで会社紹介をしてもらったのは、一回だけ。それも、合同面接会あるから行ってみれば?と勧められて行ってみて、一社だけ気になる会社を受けて...それが合格して内定となり、今度から働く会社になります。大事なのは、一人で就活しないことと、こういう偶然のめぐり合わせもあるから、いろんな所に行ってみた方がいいと思います。

最終決定の理由
 受付の仕事をやりたいと思っていた。実際は受付の仕事は倍率が高くなるので、受付の仕事を受けながら、他の職種も受けていた。体育学部出身ということもあり、スポーツに携わりたいとも思っていたので、その両方があるこの仕事に決めた。あと、これ以上就活を続けていても、採用してくれる企業はないのでは?という不安もあったから。

現在の心境
 7月中旬入社でも、入社するかしないか、少し迷うのに、4月に入社となると迷う時間が多くなって大変だと思う。 4か月の同期との遅れは大きいものだと思うが、頑張って追い抜きたい。



※この原稿は既卒者カフェ様よりご提供いただいています。